WS000012 ⇒FXのプロトレーダーの動画講座が今なら無料!!

トレール注文とは?トレール注文はどんなときに有効なのか?

supo

トレール注文とは?
トレール注文の使い道は?
トレール注文はどんなときに有効なのか

について説明します。

 

 

【トレール注文】(トレーリングストップ)

僕が思うに長期でトレードする時にこれほど便利な注文方法は
ないのでは?っと思うほどハマルと使いがってが良いです。

ハマルのは、トレンドフォローをスタイルとしているときです。

 

トレール注文とは??

 

自動的に逆指値をあげていってくれる注文方法です。

 

例えば、【ドル/円】100.00で買ったとします。
このとき、逆指値(ストップロス)を50銭に設定しておくとします。

 

価格が、100.50になったとします。

トレール注文で逆指値を50銭に設定してあるので、
100.50になった時点で、逆指値が100.00になります。

 

ですから、100.00まで一気に下がったとしても損は0円となります。

仮に、このまま順調に上げてきて、101.00まで上げてきたとします。

すると、逆指値も100.50に上がってきます。

 

このように逆指値注文が自動的に上がっていくのが

トレール注文なんですね。

100.00で売ったとして、1円で設定した時はこのようになります。

 

 

        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

トレール注文

 

 

この図では一番下降したのは、96.50なので、逆指値は97.50になった時に
上昇して97.50になったので決済されます。

 

プラス250pips となります。

 

50銭に設定していたら、もっと早い段階で決済されていました。
1円に設定したからこの図では利益を伸ばせたんですね。

 

この辺の設定幅を広くするのか?狭くするのか?
それによってとれる幅も大きく変りますので、設定幅には
注意したいですね。

 

 

FXにはこんな注文方法もあります。

【成行注文】【指値注文】【逆指値注文】
 
【IFO注文】【IFD注文】【OCO注文】
 
【トレール注文】【ストリーミング注文】



supo
相場から利益を上げる22の技術


日本で最も楽しくFXを学べる、 特別な無料講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ