フィボナッチ 使い方!フィボナッチリトレースメントとは?

通貨の特徴とFX メジャーなテクニカル解説!

フィボナッチ数列とは何を根拠にしているのか?

フィボナッチ数列はどんなときにつかうのか?

フィボナッチ数列となんでいうのか?

フィボナッチリトレースメントとは?

などなど疑問があると思いますので、説明します[+]_・)

 

あなたはこれで、無駄な時間を投資せずに済みますね!

フィボナッチ数となんでいうのか?

イタリアに『レオナルド・フィボナッチ氏』という数学者がいたのですが、
その方が生物の成長のパターンにはある法則があるのではと発表しました。

その数字をこの方の名前からフィボナッチ数と名づけられたんです。

相場は人間によって作られるので、フィボナッチ数がトレードに
表れるのではないかという事で、使われるようになったようです。

そのフィボナッチ数列の比率で代表的なのが

【23.6%, 38.2%, 61.8%】

この3点です。

対して【リトレースメント】とは
「引き返す、後戻りする」って事みたいです。

簡単に説明すると、相場は下がったり上がったりしていますが、
どこまで引き返すのか予想するのにフィボナッチ数が使われるんですね。

フィボナッチリトレースメントとは?

フィボナッチリトレースメントで売買するときは、

まず高値や安値から基準となる数値を出し、このようにラインを引きます。

フィボナッチ

このラインを元にトレードしていきます。

計算なんて面倒だと思うあなたの為に
基本の高値と安値と現在値を入れるだけで計算してくれます。

為替のテクニカル分析 - フィボナッチ
イタリアの数学者フィボナッチが発見した成長率と相場の関係。フィボナッチ・リトレースメントが分かると相場の動きが見えてくる!

それにチャートソフトには簡単に線を引けるものが
ありますので安心してください。

なんとなく見ても、フィボナッチのラインを引いたところで
引き返したりしているのが、わかるのではないかと思います。

これを売買ルールに出来るのではと考えます。

例えば「23・6%」ラインを抜けたら買いで「38・2%」ラインに
到達したら売りなんて感じですね。

他のテクニカル分析の基本となるものはこちら

【MACD】
【ダウ理論】
【一目均衡表】

【RSI】
【フィボナッチ】
【移動平均線】

【ボリンジャーバンド】
【ストキャスティクス】 

コメント

タイトルとURLをコピーしました