ボリンジャーバンドとは?ボリンジャーバンドは短期に最適?

メジャーなテクニカル解説!

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは使えるんでしょうか?

ボリンジャーバンドは他の補助線とどう違うのか?

などなど疑問があると思いますので、説明します[+]_・)

 

あなたはこれで、無駄な時間を投資せずに済みますね!

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、移動平均線と同じぐらい

使われている補助線で、統計学の標準偏差と正規分布の

考え方に基づいた指標なのですが、

どのようにして数値化しているかなどは、説明しても・・・

『だから?何?』

って感じになってくると思うので、見方を憶えましょう。

σ(シグマ)

【+1σ】【+2σ】【+3σ】【-1σ】【-2σ】【-3σ】と

真ん中の線が移動平均線で表されます。
(初期設定が21移動平均線の場合が多い)

borinja-
日足でのボリンジャーバンドの画像!!

プラスマイナス2σの範囲外に出る確率がだいたい5%程度だそうで、
プラスマイナス3σの場合はその範囲外に出る確率は1%もないそうです。

何が言いたいのか?
初心者でも扱いやすいって事です。

ボリンジャーバンドはスキャルピング(短期トレード)あるいは
デイトレに向いているといわれています。

borinja-30

30分足でのボリンジャーバンドの画像!!

相場に動きがない状態(画像の最初の方)は
ボリンジャーバンドの幅が狭いのがわかると思います。

相場が動くと幅がグンと広がります。この時上昇か下落(トレンド)を
形成していくと考えられます。

日足でみてもそうそう超えるときはないので、30分以内の足で、
短期トレードをするのに向いていると思われます。

何回もチャックして【+2σ】or【-2σ】を超えてこうなったら
取引するといったルールを作って取引していきます。

こちらのサイトにその辺の詳しいことがのっていますので、
是非参考にしてください。

バカラ村流トレード術を徹底解剖(1)ボリンジャーバンドの5パターンで儲ける!|2ページ目|ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!? - ザイFX!
ボリンジャーバンドの5パターンを頭に叩きこもう / エクスパンション時は「反対側のバンド」を見る / 2σが2本とも傾斜時は押し目買い・戻り売り / 足を複合的に見てトレンド順バリを心がける

コメント

タイトルとURLをコピーしました