MACDとは?MACDの使い方は?

MACD メジャーなテクニカル解説!

MACDはかなりシンプルで使いやすいものなので初心者でも
安心して使えるものの1つです。

読み方は【マックディー】 です。

MACDとは?

MACDはどんなときに使えるんでしょうか?

MACDは他のとどう違うのか?

などなど疑問があると思いますので、説明します[+]_・)

 

あなたはこれで、無駄な時間を投資せずに済みますね!

MACDとは?

MACD

MACDは移動平均線にちょっと手を加えたものと
シグナルと呼ばれるもので表示されます。

このシグナルはMACDをさらに移動平均化したものを使うそうですが、
その多くは単純移動平均線の9日が教科書的には多いそうです。

MA=Moving Average=移動平均線

C=Convergence=収束

D=Divergence Trading Method=拡散 トレーディング手法

って意味らしいです。別にこの辺は憶えなくて大丈夫です。

なぜなら、

洗濯するときに洗剤を使えば匂いがよくなって

汚れがおちる事がわかればいいですよね。

macd
成分は?とか名前の由来は?気にしないですよねwww

どんなときに使えるのか?

使ったらどうなるのか?

そう重要なのはMACDはどんな事を教えてくれるのか?

だと思います。

MACDはどんな時に有効?

かなりシンプルに売買タイミングを教えてくれます。

MACDとシグナル線がありますが、このシグナル線が
ゴールデンクロスすれば買い、デッドクロスすれば売りって

感じでかなり簡単なのがわかってもらえると思います。

macd

そうですこのようにトレンドをきれいつくってくれれば
なんて事はないんですが、保合い相場(レンジ相場)では
そうはいきません!!

MACD
どうしていいのかまったくわかりませんよね。
このチャートは日足なので時間を変えれば違って見えますが
保合いなのにはかわりませんよね。

こんなときは、保合い相場でない通貨ペアを探せばいいんですね。

無理にこの通貨ペアで取引する必要はありませんからねwww

あるいははっきりとサインが出ないときはトレードをしないのも
1つの手ではないかと思います。

レンジ相場ではこのトレードルールを使うなど分けていれば
問題ないですが、バイトしながらそこまでやるのは大変です。

なので、トレンドサインがはっきり出たときにトレードするのが
やはり初めはいいかなと思います。

他のテクニカル分析の基本となるものはこちら

【MACD】
【ダウ理論】
【一目均衡表】

【RSI】
【フィボナッチ】
【移動平均線】

【ボリンジャーバンド】【ストキャスティクス】 

コメント

タイトルとURLをコピーしました