WS000012 ⇒FXのプロトレーダーの動画講座が今なら無料!!

ストリーミング注文とは?ストリーミング注文と成行注文の違いは?

supo

ストリーミング注文とは?

ストリーミング注文の使い道は?

ストリーミング注文はどんなときに有効なのか

ストリーミング注文と成行注文の違いは?

 

について説明します。

 

 

ストリーミング注文と成行注文の違いは?

 
ストリーミング注文って成行注文がパワーアップした注文方法なんです。

 

どう良くなったのか?

 

簡単に説明するとこれぐらいならスリッページしても注文していいよ。
って感じでスリッページの幅を決めれるようになったんです。

 

ただ為替相場の変動が激しい時にスリッページの幅が狭いと
なかなか注文が通らないときがあるのがデメリットです。

 

あと、買い注文をしたとします。
価格が下がった状態で注文されたら得ですよね。
価格が上がった状態で注文されたら損です。

損する注文の時だけ注文を受け付けないのも特徴です。

 

ストリーミング注文で得するときと損するとき?

 

100.00で買い注文(許容スリッページ3pips)

 

ストリーミング注文

 

100.01–100.02–100.03では注文成立で1pip~3pips損

100.04以上は注文が不成立となります。

 

逆に99.99–99.98–99.97–99.96は
すべて得をする方に価格がすべっていますからすべて
注文が成立するわけです。

 

 

使い方はこんな感じです。

実際の注文画面ですが、許容スリップ(スリッページ)の項目で
スリッページしてもいい幅を指定するわけです。

 

ストリーミング注文

 

 

スリッページとは

 

注文した時と実際のポジションをもった時の値段が違うことです。
起こる原因はサーバーが注文をした順番に処理していくのですが、
サーバーの処理が遅いと処理している間に為替相場が変動して
自分の時にはこの価格になってました。って感じです。

 

先着何名さまはこの価格って感じで順番になっていて

サーバーが弱いところは、限定人数が少ないからあふれて
高い値段になる。

 

サーバーが強いと限定人数が多くなるから価格が
高くなりにくくなるって事です。

 

説明すると難しい事になりそうなので、
僕個人の勝手な例え話で、説明しました。

 

 

FXにはこんな注文方法もあります。

【成行注文】【指値注文】【逆指値注文】
 
【IFO注文】【IFD注文】【OCO注文】
 
【トレール注文】【ストリーミング注文】



supo
相場から利益を上げる22の技術


日本で最も楽しくFXを学べる、 特別な無料講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ