WS000012 ⇒FXのプロトレーダーの動画講座が今なら無料!!

チャートとは?テクニカル分析?FX初心者にもまるわかりガイド!!

supo

FX初心者はいろんな用語を憶えなければなりませんし、
この【チャート】の見方も把握し利用しなくてはいけません。

 

チャートとはなんなのか?

 

簡単に説明すると
チャートとは過去の情報をグラフや表で表したものです。

FXチャート ろうそく足

こんな説明ですべてがわかれば苦労しませんよねww

 

意外と意識していないだけで聞いたことがあるんですよ^^

馴染み深いものでいうと
【ヒットチャート】よく音楽番組などで聞くと思いますが、これは
音楽市場のCDなどの売上・リクエスト数による販売順位表ですので
FXとは全く関係ありませんが【チャート】と云う単語は見の周りで
知らず知らずの間に耳にしているんですね。

 

 

ローソク足?

 

FXでのチャートは過去の為替レートの値動きを、価格や時間を軸として
グラフにしたもので、こちらの【ローソク足】で表したものが一般的で
他にも種類がありますが、ここではローソク足で表したチャートの
見方について説明していきたいと思います。

 

ローソク足とはなんなのでしょうか?
こちらの画像を見ていただくとわかりやすいですね。

 

FX ろうそく足 陰線 陽線

 

まず陽線(ようせん)と陰線(いんせん)の説明からします。

陽線はこの時間の始値より終値が高い状態を表しています。
陰線はこの逆でこの時間の始値より終値が低い状態を表しています。

 

時間のグラフは○○分足(分足)1日単位の日足(ひあし)
月単位の月足(つきあし)年単位の年足(ねんあし)などがあります。

 

そしてこれらにいろいろな補助線(ほじょせん)や
補助指標(ほじょしひょう)とあわせてトレンドを予測して取引していきます。

この画像の赤い線と黄色い線やチャートの下の赤と白の線がその補助線と補助指標になります。
いろんな種類がありますから、自分の好みの組み合わせをみつけると良いですね。

 

FXチャート 補助線

 

これをテクニカル分析といいます。
そして、ファンダメンタル分析は世界の政治や経済などの情報を元に
為替相場を予測するものです。

 

両方取り入れるのが理想ですが、憶える事が多いのでテクニカル分析から
憶えていく事をオススメします。



supo
相場から利益を上げる22の技術


日本で最も楽しくFXを学べる、 特別な無料講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ