ダイバージェンスとは?ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンス

ダイバージェンス 基本の用語説明

ダイバージェンスとは?
ダイバージェンスになるとどうなるのか?
ダイバージェンスはチャンス?転換点?
ダイバージェンスは使えるんでしょうか?

などなど疑問があると思いますので、説明します[+]_・)

 

あなたはこれで、無駄な時間を投資せずに済みますね!

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは?

オシレーターが相場に対して逆行現象を起こしている事をいいます。

つまり、
相場が上昇しているのにRSIやストキャスティクスなどの
オシレーターが逆に下落方向に動いている状態です。

ダイバージェンス

ダイバージェンスは何に使うのか?どんな時に起こるのか?

よくトレンドの転換点などに使われているようですが、これだけで
そう考えるのはよくないと思います。

なぜならオシレーターは買われすぎているか、売られすぎなのかを
判断するものだからです。(加熱ぐあいを判断!)

買われすぎてもそのまま買われ続ける事もよくあります。

他のものと組み合わせて、ルール作成に組み込むのがいいと思います。

特にトレンドの転換を狙う
【トレンドフォロー】で大きく取りにいく時にいいですね。

ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンス

ダイバージェンスの逆つまり相場が継続するサインを
【ヒドゥンダイバージェンス】【リバーサル】【コンバージェンス】
などと呼びます。

ヒドゥンダイバージェンス

このように相場は上昇トレンドなのにオシレーターは下がっています。
この状態で、オシレーターが上昇しているのがわかると思います。

すると相場も同じように上昇していますね。

つまり上昇トレンドを継続しています。

移動平均線がこうなってヒドゥンダイバージェンスが出たら、
上昇トレンド継続と環境認識するといった感じで
トレンドを認識してトレードに活かしてください。

専門用語は正直教えられるときに知っておくと話がスムーズにいく
ぐらいの認識でいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました